ブラック or ホワイト

こんにちは!

大鶴 政貴です!

1月もすでに10日が経過しました。。

早いですね

と言っても、仕事が始まってまだ三日目ですが。

年始は少しのんびりしすぎたかなと思うので、

気合を入れ直して頑張っていきます!

では、今日もBEC3.5期 2ndのチャットにシェアされた

記事をシェアさせていただきます。

その記事についてのアウトプットがこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

残業がほとんどなく、社員を大事にする

というのがホワイト企業ならば、

僕が勤めている会社は

ホワイト企業になると思います。

社員数が少ないということもありますが、

一人一人が自分の役割を持っている。

そして、会社に必要とされている感覚もあります。

仕事の為の仕事ではなく、

売り上げを上げる為の仕事をする。

仕事の振り分けもそうですが、

そもそもその仕事はやる必要があるのか。

しっかり目的をを考えながら行動することが

必要だと思います。

無駄時間を減らすために、

常に目的意識を持って行動することを

心がけていきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブラック企業が何かと問題になりますが、

ブラック企業とはどんな会社なのでしょうか?

そして、ブラック企業かどうかというのも一つの基準ですが、

働きたくない企業はどんな会社でしょうか?

まず、残業代が払われないと言うのは論外だと思います。

働いた分はしっかり給与はもらう権利があります。

次に、残業をすることが当たり前になっていて、

休憩もしっかり取れない。

これも嫌ですね。

法律で休憩時間も決まっているので、

休憩も取れて当たり前ですよね。

あとは、仕事に対して給与が低すぎるのも

問題ですね。

こうやって考えていくと、サラリーマンで本当に満足して

働いている人がどれぐらいいるのか疑問ですね。

口では満足していると言っていっても、

実際は自分の欲求にふたをしているだけという方も

かなり多いのではないかと。

そして、ふたをし続けた結果、

その状況に何も感じなくなり、

仕事へのやりがいも見つけられず、

仕事がただの流れ作業でしかなくなる。

そんな風には絶対になりたくないです。

ありふれた言葉ですが、

僕は自分の人生なのだから、

自分の欲求にも素直に生きたいです。

その欲求をかなえるためにお金が必要なら、

変わらない給与を嘆くより、

インターネットビジネスで稼げる力をつけるほうが

よっぽど近道だと思います。

自分の人生を自分で選択できるように、

もっともっと稼げる力をつけていきたいです!!

今日は待ちに待った金曜日です!

頑張っていきましょう!!